エンパス(共感能力者)とは

エンパスとは共感能力のこと。共感能力が優れた人はエンパス体質であると言われています。

エンパス(共感能力者)HEADLINE

エンパス(共感能力者)

エンパスにつてい

エンパスとは共感能力のこと。共感能力が優れた人はエンパス体質であると言われています。一般的に日本人には5人に1人。米国では10人に1人または20人に1人、世界でも20人に1人の割合とされています。
日本人の割合が世界に比べて多くなっていますがこれはローズ・ローズトゥリー著書で明記されていたからでエンパス体質に明確な定義はなく人口比率なども曖昧なものです。日本人の特徴を鑑みればエンパス体質はもっと多いような気も致します。

では、そもそもエンパス、共感体質とはなんでしょう。体質を考える前に共感性について簡単に説明しまと、共感能力とは誰でも普通に備わっている感性の1つです。決して特別なものでは御座いません。
共感性が友情、愛情などを生みだしますので逆に共感能力の欠如は問題視されることもあります。ですから共感能力が高いからと言って悩むことはないのです。
しかし、一方で共感性が強すぎると他人の感情をダイレクトに自分の感情として受け止めてしまいますので私生活に不備が生じてしまうことは否めません。

エンパスとは、周囲の感情に感性が敏感に反応してしまい自己意識を見失ってしまうことで他人の感情と混合された意識で自分が思いもよらない行動を起こしてしまったり言動を選んでしまうことで不利益をもたらしてしまうことになってしまう可能性があるのです。また、共感、同調が強すぎて心が疲れてしまうこともあります。
感性ですから気の流れと密接な関係がありますので他人の悪いオーラを吸収するといった特徴もあるようですが過度に考える必要は御座いません。オーラの変化は日常茶飯事に起きるもので常に変化するものであるからです。また、オーラの変化は直接心に出ますので心に異変を感じたときは負の浄化で対応することもできます。

エンパスのコントロールにつて出来るのであればコントロールすることに越したことはないと思いますがコントロールが難しいからエンパスに悩んでしまうのだと思います。感情のコントロールが難しいようにエンパスのコントロールも難しいのは否めません。
難しいことに取り組むことも1つの手段となりますが1つの性格、個性の一部であると考えて受け入れることで魅力の1つとして自覚できればある程度の防御壁は心にできます。また、魅力と考えることでエンパスのプラス面を成長させることもできるでしょう。

自己意識をしっかりと保つ意識改革を行いながらエンパスのマイナスは解消、回避できると感じます。

エンパス診断

あなたのエンパス度チェック。あなたのエンパス度が分かります。

共感性が豊かであることは人間にとってとても重要なことです。過度にエンパスを怖がることも悩むこと御座いません。
人それぞれ性格は違います。あなたが持っているとてもよいものを伸ばしていくと考えることでエンパスはあなたにプラスをもたらせます。

人間関係が得意であったりコミュニケーション能力が高いのがエンパスの特徴でも御座います。ただ、共感してしまうものが悪い場合にあなたにとってマイナスになってしまうこともあります。エンパスとはピュアな心のまま成長した本当はとても美しいものであるかもしれません。
良いものをより多く吸収することでエンパスはあなたにとってとても素晴らしい魅力の1つとしてあなたを輝かせるものになるでしょう。

エンパス度チェック
1.相手の考えていることが何となくだけれど分かる、分かってしまうことがある。
2.気が付くと相手に合わせていた。
3.雰囲気に飲まれる、流されやすい。
4.表面だけ合わすことができない、表面だけ合わせている人に嫌悪感がする。
5.一緒に居る人の影響を受けやすい。
6.一緒に居る人と同じ症状がでる(お腹が痛いなど)。
7.打算的な人に好意が持てない。
8.自分をあまり理解されない。
9.一人が落ち着く。
10.感情の起伏が激しい。
11.心の中に他人を感じてしんまう、自分の考えが分からなくなる。
12.ニュースに感化されやすい
13.森が好き。公園など自然の多いところで心が落ち着く
14.なんとなく動物の感情が分かってしまう。
15.物質的なものにも心を感じる。

該当する答えが3つ以上あればあなたもエンパス体質の可能性があります。