願望を実現へと向かわせるポイント

あなたの願望を叶えるためのポイント。潜在意識の書き換えで人生に変化を与える

願望を実現へと向かわせるポイント

願望を実現へと向かわせる潜在意識を高めて人生を変える

想いを叶える白魔術あなたの願いを叶えることを妨げる原因が周囲や外部にあるとき自分では如何にもならないと思うことがあるかもしれません。
そんなとき「どうすればよいだろう」と悩んでいるとき、「どうにかしたい」と願っているとき魔術は1つの有効な手段として願望実現へあなたを導く1つの選択肢となるでしょう。

あなたが胸に抱く願望や恋愛の成就に大きな影響を持っているの1つに「潜在意識の影響」があります。願望を実現へと向かわせるポイントに上げることができる1つに潜在意識の活性化があります。潜在意識を活性化させることで願いを妨げる負の作用を阻止することや排除へ有効的な手段となるのです。

人によって願望実現を妨げている要因は色々と違ってきますが潜在意識の働きや影響が大きく関わっていることに大差はありません。潜在意識の活性化とは心の「触発」です。心を触発することで願いを叶えるパワーを高めることができるのです。

願いを叶えたいと思ってもなかなか願いが叶わないときがあります。願望の実現が上手くいかないと感じているとしたら今、あなたの願望を妨げる複数の原因と要因があるのです。それはあなたが直面している現状だけにある訳ではありません。何か物事がうまくいかないとき、どうしても「今に起きていること」を見て心を動かしてしまうのものですが過去の積み重ねが現在である「今」と直結しているのです。

「願いが叶わない今」を見ることは結果を見ているだけですからそれは既に過去でなのです。願望を実現へと向かわせるポイントとして2つ目は「見るのは常に未来」です。今を見るのでなく未来を見ることであなたは願望を引き寄せることができるのです。「今を生きる」とは即ち未来へつながる今の時間を未来創造として生きることなのです。何かを目指すときの過程とは結果の積み重ねであります。今は結果なのです。あなたが変えるのは未来なのです。

胸に抱かれた願望は、自分自身の未来へ抱くことが重要となります。

潜在意識は心理学者ジークムント・フロイトの提唱であり20世紀最大の発見の1つに上げられます。フロイトは人間の意識を氷山にたとえ3つに分けて考えました。
1.意識が自覚できている領域を海面より上に出ている部分とする(意識)

2.思い出そうとすれば思い出せる記憶など一般的に記憶と呼ばれる領域を海面(前意識)

3.意識の領域に強く働きかけ行動の動機になるも意識しようとしても簡単には意識できない領域を海面より下の部分とする(無意識)

そして、心理学者 カール・グスタフ・ユングによって3にあたる無意識はさらに@個人的無意識(個人的経験・記憶に関する領域)A集合的無意識(全人類に共通する意識・記憶に関する領域)に細分化されました。

フロイトは無意識について意識が認めたくない領域として個人的レベルの範囲で意識を提唱しています。一方、ユングはフロイトの論理では説明できない無意識領域を個人的レベルの経験を越えた先天的な構造領域として普遍的無意識を推奨するのです。それが集合的無意識となります。

潜在意識とは、個人的には誕生の瞬間から終焉まで、人生のすべてを創ります。そして宇宙全てをコントロールする領域にアクセスしているのです。潜在意識を書き換えることによって、あなたが願う願望や恋愛成就へと扉は開かれていくのです。

今、あなたが望むものが手に入らないと感じているとしたら潜在意識が知らず知らずあなたの心から願望実現の力を奪ってしまっているのです。

潜在意識に潜ませた複数の負が存在することで宇宙意思へのアクセスを妨げ願望実現への扉を閉ざしてしまうのです。

「今」となる現実を創り上げている現在は、あなたが費やしてきた時間のなかにあり、それは、あなた自身の記憶や過去として積み重ねられ潜在意識に蓄積されています。あなたが抱く願いに対して「未来を変えよう」と意識しても潜在意識の「倉庫」からは「今」を創ってきた情報ばかりが心に流れ込みますので「今を繰り返す」ループ状態となってしまうのです。あなたの意識を未来へと運んでいく魔術のエネルギーはあなたの潜在意識を触発させます。潜在意識が活発に願望への書き換えを行う活性化によりループ状態から抜け出すことへつながっていくのです。

当サイトでは充実したサポートで、あなたの願望実現を妨げる要因を探りターゲット戦略を持ってピンポイントに妨げの要因を排除していく取り組みも行っております。

・個人的無意識と集合的無意識につて
・潜在意識を高めて人生を変える書き換えについて
・潜在意識を好転させるために


白魔術代行