本文へスキップ

同性だからと片思いで終わらせたくない。同性を好きになったあなたの恋を成就へ

同性を好きになったあなたの恋を成就へ

同性を好きになった自分がとても苦しいと感じたときは

同性愛成就の魔術「同性への片思いが辛い」とご相談を頂きます。同性への恋も近年では徐々に開かれて、同性愛を告白した芸能人や著名人も日本を始め世界でも増えてきています。けれどもやっぱり世間的な偏見は耐えることもないのも事実です。
相手が同性に対して愛や恋と言った感情が全くないのであれば、告白することは躊躇してしまうことでしょう。異性との恋愛とは違う意味で告白して断られたときの関係は気まずくなってしまう、ギクシャクすることもあるかもしれません。
カミングアウトしている多くの人は、自分が思う相手と相手が思う相手の一致があって同性の恋愛が成立していることが多いです。二人でなら世間的な偏見にも立ち向かっていける絆の証ともなるからです。しかし、まだ恋愛が成就していない段階の片思いでは「カミングアウト」自体にも勇気がいることかもしれません。告白の前にそれとなく「カミングアウト」してみて、相手の反応を見た後、「冗談だよ」と笑ってごまかすこともあるかもしれません。

同性を好きになって、片思いが辛くて、どうしても諦めきれなくて、どうしていいか分からないとき、相手の心を知ることも1つとなるでしょう。冗談のノリで「カミングアウト」で相手の反応を見てみる。でも、相手の心が分かって自分の意に反しているとしたら結局は諦めるか否かとなってきます。あなたが同性との恋愛を成就させたいと思う気持ちがもっと辛くなってしまうかもしれません。相手の心を動かしてあなた自身の愛を受け入れてもらうためにあなた自身の愛のパワーを高めエネルギーを強くしていくことも1つの打開策となっていきます。

同性の愛を引き寄せるために、あなたの愛にパワーを与え相手の心を引き寄せていくことへ同性愛の魔術はエネルギーを集約していきます。
同性愛の成就魔術はこちらから

渋谷区で同性カップルに権利を与える条例案が提出

東京・渋谷区は、同性のカップルに「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する新たな条例案をまとめ2015年3月31日賛成多数で成立しました。区は証明書を持つカップルを結婚と同等に扱うよう区内の事業者などに求める方針で全国でも例がないということです。
同性のカップルにとって画期的な条例が施行されました。男性は女性を愛し、女性は男性を愛するだけが愛で無いことを日本でも公的に認められた同性を愛する人にとって光明とも言える条例です。賛否ある条例ですが本来、人間が人間を愛することに異性の壁があることの方がおかしかったのかもしれません。愛に形が無いのであれば人を愛することにも形が無いのが自然の摂理と言えるのでしょう。
これまで多くの同性愛の悩みを当サイトも承り、数多くの同性愛成就への魔術を施行して参りました。まだまだ開かれた愛ではないかもしれませんが、これから人類は究極の愛を知ることになっていくのかもしれません。人が人である以上、人を愛することに何の躊躇いがいるのでしょう。男性が男性を愛することも女性が女性を愛することも男女の愛と何も変わらない。そこにあるのは2つの心を1つの愛で包み込んでいくことだけなのです。あなたの心を大好きな相手へと伝え愛を愛で包んでいきましょう。
同性愛の成就魔術はこちらから

同性愛を叶えたい

愛に国境が無いように、人を愛することは誰にも束縛されるものではありません。それがたとえ、同性であったとしても人を愛する気持ちであることには変わりなく、異性を愛する様に同性を愛することも、自分の気持ちに愛があれば恋愛と言える恋心であるには変わりません。
とても悲しいご相談を受けました。その内容は「同性愛は汚らわしいですか」と言うご質問でした。同性愛が汚らわしいものとするならば、異性愛も汚らわしいものになってしまうのでしょう。人を愛することは、相手の全てを手に入れたいと思うことであります。それは肉体だけのものでは御座いません。魂から相手を愛し、そして、魂から相手に愛されることを最終の目的とするのが人間同士での恋愛での愛の形です。それには同性や異性の境はないでしょう。生物的な考え方だけでは人の心は図れません。
また、性同一性障害と同性愛は悩みが少し異なってきます。性同一性障害とは、自分がどちらの性別であるのかの悩みです。男性の体を持って女性の心を抱く、女性の体を持って男性の心を抱いてしまうことに「自分は男性なのか、女性なのか」に対して悩みが生じることが性同一性障害です。
同性愛は、恋愛対象が同性であるか異性であるかの違いにあることで性的欲求ばかりがクローズアップされますが、自分を理解してもらいたい相手が同性であるだけなのです。そこに湧く感情は男女間の恋愛感情と何ら変わることはないでしょう。
同性愛の成就魔術はこちらから

同性への思いを片思いで終わらせたくない

同性を好きになってしまった、日本ではまだ同性を愛してしまうことは誰にも打ち明け難い悩みではありますが、世界ではもう基本的な人権として認めらつつありますので、あなたが同性を愛してしまったとしても何も恥ずかしいことではないのです。だから自分の愛に恥ずかしいとは思わずに大切にしていきましょう。
日本では男性同士ならホモやゲイ、女性同士であればレズと言った言葉は日本では言語の意味が歪めらていますので屈辱的、または差別用語として扱う場合が多くなっていますので、日本の風潮では誰かに相談したり打ち明けることにためらいを感じてしまうことも仕方のないことかもしれません。

同性を愛したとき、最も悩むのが、相手も同性を好きなのか、また、同性を愛している自分を受け入れてくれるのだろうかなどだと思います。
そんな悩みに苛まされてしまったときは、あなたが好意を抱く相手にさり気なく同性を好きになれるか、または、好きなのかを聞いてみるのもよいでしょう。あなたと相手の関係が友達であるなら、また、憧れの先輩であったりしたら聞きづらいかもしれませんが、ずっと悩みを抱えて心を苦しめているよりは、これからを考えていく上では必要なことだと思います。
もし、yesの答えがもらえたら、どんなタイプが好きなのかを聞き出して、自分がそのタイプであるかを確かめていきながら、そうでないのであれば相手の好きなタイプにj分を近づいていけばよいです。そして、時期を見て告白することもできるでしょう。

noの場合は、自分の心を打ち明けても今の関係を壊してしまうことになるかもしれませんので、打ち明けることは避けるほうがよいかもしれません。そして、今後について相手への気持ちを諦めるのか、諦めずに愛を手に入れていくのかを選択することが大切となるでしょう。
あなたが相手を諦めないのであれば、同性への思いを片思いで終わらせたくないと思うなら今の付き合い方をもっと深めて、相手との関係を親密にしていくのがよいです。自分の心を隠して関係を深めていくことは辛いことや悲しいことがあるかもしれませんが、人間の心は不思議なもので、ある日突然、性別の垣根が無くなるときもあるのです。自分が同性愛に気づいていない人が多いと言うことです。あなたの優しさや暖かい心に接している内に自我が目覚めることもあります。

相手がバイセクシャルの場合はどうでしょう、バイセクシャルとは男性も女性も愛せる両性愛者となります。自分がそれでも相手を受け入れることが出来るのであれば問題はないと思いますが、バイセクシャルと付き合うことはとても心に負担を抱えることになるかもしれません。

同性を愛おしく思う心

同性との恋愛に世の中は少しずつオープンになってきていますが、まだまだ異性との恋愛ほどの自由はないのかもしれません。
異性との恋愛に比べれば比較することができないほど、心に秘めた片思いが多いのが現状のようです。また、特異と思ってしまいがちで友達や知人にも打ち明けられない悩みとして胸にしまい込んでいる人も多いです。
恋愛は自由、人を好きになることに性別の垣根はないでしょう。愛は性別をはるかに超えた人間同士のつながりの証です。それは異性、同性と関係なく愛は存在するのです。
あなたが愛した相手が同性の場合でも異性との愛をつなげるのと同じで恋の成就は叶えることもできるでしょう。

同性愛でお悩みの方はお気軽にお問合せください。あなたの愛に光と希望を見出すことができるかもしれません。
同性愛にお悩みの方はこちらへ、相談は無料です白魔術代行

同性を愛した悩み

同性愛と言えば、日本では男性同士の恋と思われがちですが、女性同士でも同性に恋することは多いです。

日本では古来より「男色」の事例として多くの記録が残っています。
江戸時代の武家社会では「衆道」・「若衆道」などと呼ばれたり、
歌舞伎の世界では「陰間」などと言われています。
昨今では、マスコミでの「オネェ」現象など同性愛に対して幅広く認知されてきているでしょう。

世界的には差別されることが多かった愛の形でしたが、最近になってようやく普遍的人権の尊重として、認められつつあります。

また、性同一性障害への理解も深まってきました。

同性愛は性的な事項で取り上げられがちですが、そんなことはないんですね、

精神的につながること、女性が女性を、男性が男性を愛することも自然の摂理と言えるのでしょう。





白魔術代行wahl
スマートフォン







白魔術代行
携帯サイト