魔女のなり方(魔女になりたいなら)

魔女になりたい方必見の必勝テキストワーク

白魔女・黒魔女

魔女になろうよ

魔女と聞くと何だか「怖い」「変なことにならない」と思われる方もいるかもしれませんが欧米では「自己啓発」や「自己実現」のプロセスとして人気が高い「自分磨き」であります。
魔女になるために、特別な学校に行く必要もなければ、特定の団体に所属する必要もありません。グリモワール魔術や近代高等魔術とは違って魔女魔術は比較的簡単に習得できます。
オカルト人気が強いイギリスには「魔女協会」や「魔術学校」があります。アメリカでも{魔女宗」魔女の宗教が認められ団体が認知されていますが、そもそも魔女に必要な「第三の目」や「念の力」は誰しもが持っている力でありますから講師の元で長年の修行を重ねずとも、あなたが本気で「魔女になりたい」と思うのでしたら基礎知識と自分を高めていくことで明日からでもなれるのです。

魔女になりたい方は勿論ですが、そうでない方も「癒し」と「幸せ」を運ぶ基礎知識となるのが「魔女学講座」と究極の「黒魔女マニュアル」 となります。

自分を高め魅力ある魂の持ち主となり現世を楽しく優雅に過ごすアイテムとして試されてみるのもようのではないでしょうか。

本物の魔女になるには

一般に「魔女」とは薬草術による「自然療法」。「占い」で悩み相談をしたり「ヒーリング」などをします。男性の魔女もいます。男性の場合は「魔男」と呼ばれることもありますが「魔女」に関しての日本語訳が「魔女」を理解してなかったんでしょうか、なんとなく変な感じです。女性はもちろんですが男性でも「魔女」は「魔女」でよいですね。魔女は日本で言うところの「巫女」さんにあたります。

「魔女」は人を癒します。暖かい心で人を幸せにする存在です。世界各地に「魔女」はいますね。皆さん、それぞれに自分の使命に目覚めて人々のために役に立っているのです。しかし、そうでない「魔女」がいるのも事実ですね。「魔女」の術は欲望のために使うことはできません。特に自分の欲望のためには使えません。ですが使っている「魔女」もいます。それはさておき、いずれにせよ「魔女」の神秘的なパワーを身に着けることで霊性「第三の目」の開や「念力」を持つことができる様になるんですね。

魔女になりたい方必見の必勝テキストワーク

「魔女」になるにはどうしたらよいのでしょう。本場はやっぱり英国(イギリス)での修業が必要でしょうか。イギリスでは欧州古代多神教的信仰と女神崇拝が復活しています。「魔女協会」や「魔女学校」なんかもあります。アメリカでも魔女学は魔女宗として宗教にもなっています。

「魔女」になるには宗教に入門しなくては?と思うかもしれません。でも、それは魔女宗団体が「認める」か「認めないか」で「魔女」を決めているだけで「魔女学」を学べば誰でも「魔女」としてのパワーを持つことができるんですね。「本物の魔女」になれるんです。

人は誰でも生まれながらに「霊性の第三の目」「念力」を持っています。特に女性は覚醒率が高いのです。女性に「魔女」が多い理由ですね。
魔女になりたい方必見の必勝テキストワークがあれば誰でも魔女になれるのです。

魔女の心得

「魔女」には心得があります。

①魔女になることを決めたら今の生活を大切にすることを考えて「自分」と「魔女としての自分」の日常生活とバランスを取ること。

②魔女だから必ず幸福になれるとも限らない。幸せは魔女になってからも絶えず追求する心を失ってはいけない。

③魔女になれたら黙すべし。