生霊の対処法

霊障でお困りの方は心霊なんでも相談へ。生霊を飛ばす人・飛ばされる人(生霊の対処法。「生霊を飛ばしてしまったとき」「飛ばされたとき」の対処法)

生霊退治

生霊を飛ばす人・飛ばされる人

「あなたは生霊を飛ばしていませんか」なんて言われると「ドキッ」としてしまいますね。

「あなたに生霊が憑依していますよ」なんて言われるともっと「ドキッ・ドキッ」としてしまいます。

当サイトにも生霊に関してのお問い合せは多いです。日々、魔術に接していると「生霊」にもよく出くわします。本当に怖いです。気持ちが悪くなるときもあります。けれど、何も臆することはありません。なぜなら「生霊」にも良質と悪質があるからですね。良質であればそんなに怖がることもないんです。対処法は沢山あります。でも、初対面で感じる時はやっぱり怖いです。良質か悪質かの正体が分からないからですね。
正体を知ればそんなに臆することはありませんので「生霊」を「飛ばしているかも?」「飛ばされているかも?」と思うときはお気軽にご相談下さい。




人生をどん底に突き落とす生霊の恐怖

人生をどん底に突き落とす生霊の恐怖はあなたの知らないうちに襲ってきます。
一人で居る時の違和感、人の気配を感じてしまうときは要注意です。

生霊は死霊と違い生きている人が放っている念や魂の一部ですから「お祓い」をしてもまた襲ってきます。生霊を飛ばしている人が飛ばさないようになるまで「いたちごっこ」となってしまうのです。「お祓い」で一時的におさまっても繰り返してしまうのもそれが原因となります。
生霊を飛ばしている人を特定できれば話し合いなどで和解するのが最も良い解決法となりますが、それでも心の底から和解ができなれば生霊は飛ばされてきます。
生霊から身を守るには「生霊返し」もありますが結界で近づけないようにする方法がベターな退治法となります。

当サイトでは生霊を退治しております。生霊に困っている方のみ受け付けておりますのでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。


生霊を過剰に怖がらない

飛ばされている人は呪文や祈祷での祓いで封じ込めてもそれは一時的なことにです。また「生霊」はあなたを襲ってきます。飛ばしている人もまた飛んでしまいます。

「生霊」を飛ばしたり、飛ばさなくするにはどんなタイプの「生霊」であるかを先に見極めてから対策を練っていくのがよいです。

「生霊」のタイプが分かるまでは普段の生活習慣を見直していくのがよいです。取りあえずは不摂生をせず規則正しい生活を心がけて見て下さい。
規則正しい生活で生活習慣を変えることである程度、あなたの波動は「生霊」にキャッチされにくくなります。波動をキャッチできなくなった「生霊」はあなたを見失い攻撃はしてきません。

それで症状が無くなってくればよいですし、それでも症状が無くならない様であれば悪質な生霊として対策を練っていくのがよいです。

生霊を過剰に怖がらないことも大切なことになります。

それから誰が飛ばしているか断定できない場合は、憶測で「〇〇さん、自分の所に帰れ」とか「返りなさい」などは言わないことです。慈悲の心を持ってもいけません。「生霊」はあなたが相手にしてくれると思い襲ってきますので注意しましょう。

霊障でお困りの方は心霊相談へ

霊障でお困りの方は心霊相談をご利用ください。

①誰もいない部屋で人の気配を感じる

②引っ越しした先に馴染めない。部屋の居心地が悪い

③最近、ご先祖様が気になる、お墓参りに行っていないことが気になる。

④誰にも信じてもらえない様な出来事が相次いで起こる。人に言うとバカにされる、笑われた。

⑤得体の知れない威圧感、恐怖を感じる。自分だけにしか見えていない様な気がするものがある。

⑥心霊スポットに行ってから体調が悪くなった。アンラッキーや不運が続く。

⑦気が進まないことをしてから何だかた調子が悪い。

⑧写真、動画に変なものが写っていた。

⑨金縛りをよく体験する。

⑩嫌な夢、不安な夢が続く。

⑪何かに憑りつかれているような気がする。

⑫ 生き霊・念を飛ばされてる気がする

⑬誰かに呪われてる気がする

⑭古物貴金属、アンティークな物が手放せない。気になる。欲しくて仕方なくなる。

⑮仕事が上手く行かない、職場の雰囲気が殺伐としているような気がする。

など、気になる事柄はありますか。5つ以上なら霊障を疑ってもよいかもしれません。

霊障かもとお悩みの方は心霊相談へお気軽にご相談下さい。